海外での脱毛環境について

日本では、男性でも女性でもある程度脱毛文化というものは浸透してきているのでありますが、
海外でも脱毛文化というものは存在しています。 しかし、その様相は日本とは大違いだそうです。
一体どんな感じで違うのでしょうか?
海外での脱毛環境について
1 欧米やアメリカではVIOラインの脱毛は当たり前
日本との大きな違いでよくあげられるのは、欧米ではVIOラインをしっかりと処理するのが一般的だということです。
その他の部分は国によってそっていたりいなかったりとまちまちでありますが、ここの部分だけはほぼ共通して脱毛や無駄毛処理をしているようです。
他の部分に寛容であってもこの部分だけは意識が高いため、ちょっと変わってるなというのが印象的です。

2 アジア圏では脱毛意識はまちまち
アジア圏でスト、意外と脱毛文化はまちまちです。韓国ですと、美容整形も発達していることからか脱毛の意識も強いですが中国ですとそこまで脱毛意識はなく、わき毛も生やしている女性が多いです。
インドでは昔から脱毛の意識が高く、台湾でも近年では脱毛意識が高まってきている部分があるようです。

3 イスラム圏も意外と脱毛意識は高い
イスラム圏については、宗教で体毛処理をするようにすることが進められており、そのことによって男女とも毛をそることになっています。
卑下とかを蓄えていたり、肌の露出が少ないからという理由であまり気にしてなさそうなイメージですが、意外にもそります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>